門出を見送る母のような気持ち

昨日、卒業パーティーのセットに来てくれたお客様とのお話。   

 

image

 

ひかりちゃんとの出会いは渋谷の西武前。

 

※ちなみに、アシスタント時代のお話はこちらをご参考に。。

 

 

スタイリストになるための、最終試験のモデルさんを

渋谷の西武前で一日中かけてモデハンしていたところ、

当時大学一年生だった彼女に声をかけました。

 

たくさんの人に無視されてくじけそうだったけど、 彼女は快く承諾してくれました。

 

最終試験当日。 ディレクターに囲まれて、カウンセリング。

 

そしてカット。

 

自分の手が震えていたのを覚えています。

 

結果は残念ながら不合格だったんです。

 

一生懸命切ったけど、 ひかりちゃんのことを

もっともっと可愛くしたいって思って、 必死で切ったけど、ダメでした。

 

でも、ひかりちゃんはすごく気に入ってくれて、 あたしがスタイリストデビューしてからもずっと通ってくれました。

 

大学一年生だった彼女も、就活を経て大学四年生。

 

就職で地元に帰るって聞いた時も、  「おめでとう!」って言ったけど、ほんとは少し寂しかったんよね。  

 

あっという間に卒業シーズンを迎えて、

昨日も笑顔で見送ろうと思ったのに、思わず泣いてしまったなぁー。

 

歳とって、涙腺弱くなったんだなぁ。

 

おっきくなったねぇ、っておかんみたいな気持ちになりました。   

 

 

  一人の人のライフスタイルの一部になれるのが、この仕事がやめられない理由のひとつです。

 

 

【Journey to my beauty】 学生から社会人になり結婚し子供が生まれ・・・

進化し続ける女性はいつも、いまが一番綺麗でいたい。

自由な精神で今を生きる自然体で都会的な自立した女性像。

そんな今の自分にフィットする着心地の良いヘアスタイル。

人生の旅路(Journey)にいつでも、いつまでも行けるヘアサロン。

 

 

お店のコンセプトを身を以て感じました!!  

 

image

 

  ひかりちゃん、ほんとにおめでとう♡

 

また東京に遊びに来た時に寄ってくれるのを楽しみにしてます♡

 

あー今日も幸せだーーーー

 

日曜日、まだ空きあります♡

皆様お待ちしております( ´ ▽ ` )ノ

 

 

SATOMIの簡単ご予約と
サロン情報はこちら♡
過去の記事はこちらから〜 ameblo☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です