涼しげ♡ブルージュバレイヤージュの抜け感ロブ♡

どうも。

表参道で美容師してます。

阿形聡美29歳です。 趣味は筋トレです。

 

 

タイトルの「ブルージュバレイヤージュの抜け感ロブ」 ですが、

美容師以外の方が聞いてもなんのこっちゃ。って感じですよね。

 

ちなみにあたしが意識高い系の方と接していて

 

バジェット(予算)どのぐらいあんの?」

「これリテラシー(教養)が求められるからね」

「えっと、もうコンセンサス(みんなの同意)得てんのかなー」

 

とか聞いてもちんぷんかんぷんなように、

ブルージュとかロブとか意味分かんないですよね。

 

なのでざっくり説明します。

 

 

【ブルージュ】ブルー+ベージュの造語。 2016年S/Sのトレンドカラーとして打ち出してあるヘアカラー。

【ロブ】ロング+ボブの造語。 昨年から根強くブーム。 肩につくぐらいの長めのボブのことをさす。

 

といった感じ。

あとは髪型とかメイクでよく言われる抜け感てのは、

「頑張りすぎて無い感じ、作り込み過ぎてないナチュラルなさま」

みたいな感じですかねぇ。

 

そんなこんなをイメージして、 アシスタント1年目の深沢くるみちゃん(二十歳!!わけぇ!)をヘアカラーしましたー!

 

 

beforeはこちら!!

前回の履歴がブリーチでバレイヤージュ

 

【バレイヤージュ】フランス語の表現で、「ほうきで掃く」という意味合いがあります。ほうきで掃いたような感覚で、さらっとカラーリングしているのが特徴です。髪の表面と内部のカラーリングに色の違いを生み出し、 あえて色ムラを出すことで髪の表現にメリハリをつけてアクセントをつけるというスタイルが、このバレイヤージュの狙いとなっています。髪の頭頂部や生え際が色の濃いトらーンのカラーリングとなっていて、毛先に流れていくに従い、明るいカラーリングを実現しているというのが特徴です。出典:バレイヤージュって何? | 知らなきゃ損!?正しいヘアケア講座

が施してあるので (昨年まで大流行していたグラデーションカラーの、 よりムラっぽくラフな感じですかね。)

 

そちらを活かしてカラーリングしていきます。

 

 

1年目はシャンプー練習もあるので、 退色が早いのです(´・_・`)

 

全体的に黄色っぽく抜けてしまって、 ヤンキー感がかわゆいお顔とミスマッチ!!

表参道スタイルにシフトチェンジします!

 

毛先のブリーチ以外は

ナプラ ナシードカラー AS6:N5=3:1  にコントロールカラーのブルーを2割。2.4%。

 

毛先はグラデーションで明るく残しておきたいので、時間差で

オルディーブ 9iPT:0CL=1:1 3% でくすみをプラス。

 

そして気になる仕上がりはぁぁぁ〜!!!!!

 

 

こちらですっっ。

 

トーンダウンした事によりお肌の透明感が増しました!!

 

 

こちらで見ると一目瞭然。 beforeはお肌が黄味にくすんでしまっていることが見受けられますね!

 

くるみちゃん、可愛くなりました♡

くるみって名前可愛すぎかよ。

ミスチルの「くるみ」をカラオケで入れられて、口説かれちゃうよ。

 

 

今週末、まだまだ空きあります。

梅雨入りしましたので、梅雨対策に可愛くなりに来てください!!

おまちしております!!*\(^o^)/*

 

 

SATOMIの簡単ご予約と
サロン情報はこちら♡
過去の記事はこちらから〜 ameblo☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です