夢を叶えた先のこと

どうも。
エロ髪美容師、阿形聡美です。

 

今日は、とっても嬉しいことがありました。

お友達の漫画家さん、矢島光先生のweb漫画「彼女のいる彼氏」の単行本の発売日でした!!!

 

彼女のいる彼氏とは、、、

IT大手サイダーエイジジャパンで、キラキラ女子とオラオラ男子に囲まれながらお仕事する、UIデザイナー小泉咲。入社4年目、彼氏なし。仕事も恋もこじらせそうなんです。

 

働く女の子のご褒美マガジン、ROLAにて連載中の、ITキュンキュン系スタートアップ漫画である!!!

 

 

img_0019

 

一生懸命で、不器用な咲ちゃんが可愛い。

 

img_0017

黒髪イケメン、佐倉がカッコよすぎる。(女性ホルモン出るぅ)

 

img_0018

 

パーフェクトヒューマン、徳永さんがスマート過ぎて、目線合うだけで妊娠しそう。

 

 

「彼女のいる彼氏」っていうタイトルが、すごくないですか??

アラサーなら、一度は経験したことがあるんではなかろうか、この状況。

あの人にはNo.1が他にはいる。誕生日も、クリスマスも、きっと最優先はしてもらえない。

あたしとバイバイしたら、本命のあの子に「今から帰るー」のLINEでも送るんでしょう。

分かっちゃいるんだけど、、、なんだろう、この感情。

、、、え、、これは、、恋??

 

このマンガの素晴らしいところは、恋愛のそういったキュンキュンや、思い通りにならない歯痒さ。
それだけでなく、お仕事での悦びや葛藤が非常にリアルに描かれているので、同年代の方はとてつもなく共感できる漫画となっているのでは無いでしょうか。

あたくしも、職種は全く違えど、共感することがたくさんあります。

「デザイナー」って、主人公咲ちゃんはwebデザインだけど、美容師のあたしも、ヘアデザインだから、悩み苦しむところとかは分かる。

人と比べてしまったり、自分の非力さを感じて悔しくて泣くこともある。

 

美容師にも読んでほしい

 

そして、あたくしはお客様にIT、広告業界の方が多いので、この漫画を通じて、その業界の方々のことをよく知ることができました。

 

美容師って高校生で「美容師になろう」って思いを固めて、美容学校二年間通って、20歳で就職するので、世界観が狭いんですよね。社会経験がない。合コンも26まで行ったことない。(それは人それぞれ)

社会に出るのが早い分、人より早く大人になる部分もたくさんあるけど、ひたすら目の前しか見ずに練習に打ち込んでるから、ハッと気付いて顔を上げると、世の中の流れが全然分かっていないことがたっくさんある。

お恥ずかしながら、割と最近まで、就活の学生さんがよく言う「ES」「インターン」「OB訪問」とか、まっっっっったく意味わかりませんでした。

この漫画を通じて、お客様のことを少し理解できた気がします。

なので、美容師さんにも読んでほしい。みんなこうやってお仕事頑張ってんねんで。

 

夢を叶えること

 

発売当日は、本屋さんに並んでるのを見たくて。

レジに持って行って、店員さんにお金を払って、手に取りたくて。

amazonで注文しようとも思ったのですが、そう思って仕事終わりにチャリンコを走らせました。

 

 

こんな風に、店頭には並んでいるのを発見して泣きそうになりました。

友達が、夢を叶えていく瞬間を見るのはすごく嬉しい。

漫画バクマン。とか見ても思ったけど「ジャンプに載る!」とから「単行本を出す!」とかの夢を叶えること。

あたしだったら東京に出てくることの夢が「雑誌にヘアスタイルを載せる」ことだったんだけど。

スタイリスト3ヶ月で、ar-1グランプリの仕事をもらって(雑誌arの若手スタイリストのバトル企画)グランプリを頂けて
美容学生の子とかに「夢が叶って、次はどんな夢を持ってるんですか??」ってキラキラした目で聞かれるんだけど、

その思っていた夢を一発叶えることよりも
そのポジションを継続して、夢を叶え続けることの方が、はるかにしんどいっていうことが分かった。

漫画家さんだったら、きっと、連載をし続けることがしんどいのであろうし、(バクマン。見て!ほんと。)
あたしだって、雑誌に指名で仕事を貰い続けることは、とても難しいものだと実感している。

現に、全盛期よりも撮影依頼は減ってしまってるし。。

それはきっと、「自分にしか表現できない何か」が明確でないからなのかもしれない。

夢を叶えること以上に、叶え続けることが、血ヘドを吐くぐらいしんどいんだ。

毎日、「自分にしか表現できない何か」を見つけるべく自分と戦っている気がする。

地元のみんなには「夢叶えてる」って言ってもらえるんやけど、うち、ぜんっぜんまだまだ足りひんねん。

発展途上やねん。

そんな風に生きているので、

「彼女のいる彼氏」の主人公咲ちゃんにも、作者の矢島光先生にも、共感と、尊敬を常に思います。

 

 

誕生日に矢島先生に描いてもらった色紙は、家宝です♡

そして、そんな機会をくれた、仲間のみんなも宝物です♡

 

1人でも多くの方に読んでもらいたいです♡

是非是非!!皆様ご購読をーーーー!!!

 

 

SATOMIの簡単ご予約と
サロン情報はこちら♡
過去の記事はこちらから〜 ameblo☆

One thought on “夢を叶えた先のこと

  1. 可能性、ビンビン感じます
    メタモルフォーゼが来て、今よりももっと魅力のある美容師さんになる日が来て、またその先の夢を実現させて、自走式の唯一無にの最恐美容師[笑]目指して下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です