アラサーにはドンピシャ!!「週刊少年ジャンプ展vol.2」

どうも。

エロ髪美容師、阿形聡美です。<エロ髪の定義はこちら>

 

みなさん、「好きな男性のタイプ」ってありますか??

あたくし的に顔のタイプは、坂口健太郎くん。わかるでしょ?かわいいよね。

岡田将生くんもかわいい。寝起きに岡田将生くん見れたら一週間何も食べなくてもいいぐらいお腹いっぱいになれる。

神木隆之介くんも好き。眺めているだけでご飯何杯でもいける。

 

でもね、漢としての「精神のタイプ」っていうと、圧倒的にドラゴンボールの『悟空さ』なんですよ。

 

普通の好きとかじゃない。めっちゃ好き。超(スーパー)好き。

どんな困難にも「ワクワクすっぞ〜!!」って楽しんで乗り越えちゃう姿勢。

食い意地すごすぎて、すぐ「なんだそれ。うめーんか?」って言っちゃう天然具合。

天下一武道会中に「じゃ、ケッコンすっか!」って結婚しちゃう潔さ。(違うか)

どれをとっても好きで好きで仕方なかったのですが、さすがに大人になると、結婚してから一銭も稼がない悟空さのような男性とは一生一緒にはいられないな、と気付きました。

でも心の中では悟空さが一番好き。

※過去にも悟空さが好きだという内容を書いたブログがありました。<好きなものを明確にしてターゲットを絞るという戦略>

 

そんな熱い想いを胸に、現在六本木ヒルズ森タワーで開催されている、

「週刊少年ジャンプ展vol.2」に行ってきました!!

<公式サイト:週刊少年ジャンプ展

 

まず入るとこちらのジャンプがズラーーっと並んだスペースが。

花道が!!井上先生のサインが!!!テンションあがるぅう!!!

 

平日の昼間にも関わらず、会場にはたくさん人がいました。

やはりジャンプ黄金期の90年代。海外の方もたくさん。

会場内は残念ながらフォトスポットが制限されています。

目と心に焼き付けましょう!!

 

入ってすぐにDRAGON BALLです。原画が展示されています。同時発売されてたゲームソフトなんかも。(お兄ちゃんが持ってた、、!!)

しょっぱなからテンション上がりすぎて死にそう。

「クリリンのことかぁーーーーー!!!!」でスーパーサイヤ人になった名シーンも、

「バイバイ、みんな。」でセルと海王星行っちゃうところも(チチの気持ちで見てた)

御飯と一緒にかめはめ波するシーンも、全部全部全部想いが溢れて、はじけてまざれ!!ってなってた。

 

幽白のコーナーも豪華。暗黒武術会のシーンが映像にされてまとめられておりました。戸愚呂兄弟、もう一回読み返したい。

スラムダンク山王戦も映像としてまとめられていました。号泣しました。(マジで)

自分自身もバスケをやっていたので、スラムダンクを読むと色々と思い出します。もう一生あんなに走れない、、

 

 

見てあたしのこの幸せそうな顔。

ほんとうにあたくしの人格形成はジャンプでできてると思う。

『DRAGON BALL』で「わくわくすっぞ〜!」という困難もポジティブに考える精神を学び、

『slam dunk』で「あきらめたらそこで試合終了ですよ…?」という忍耐力を身につけ、

『I’s』でドキドキする思春期を過ごし、

『すごいよ!マサルさん!』でギャグセンスを磨き、

『幽☆遊☆白書』で、メチャメチャ苦しい壁だって ふいに なぜか ぶち壊す勇気とPOWER湧いてくるのは メチャメチャきびしい人たちが ふいに 見せた 優しさの せいだったりするんだろうね。 ア・リ・ガ・ト・ウ・ゴ・ザ・イ・ます!!っていう微笑みの爆弾を投下した10代でした💣(分かる人にしかわからなくていいです)

 

連れて回った後輩のゆかりちゃんは、全然読んだことなかったけど、だいたい全部あらすじ説明したから伝わっているはず。

 

そしてグッズコーナーが最高でした。急いで行かないともうグッズが少ないよ!!

ドラゴンボールのiPhoneケース買えてご満悦です。カメラめっちゃ撮りにくくなったけど、悟空さのためなら構わない。

▼休日に先輩の趣味に連れまわされた後輩、ゆかりちゃん。大好き。

 

ほんとはジャンプ展内のカフェで限定メニューがあるので、食べたかったのですが、別のご飯屋さんを予約していたので今回は食べず。。

カフェのためにも、もう一回行きたい。。。

 

1990年代のジャンプ展は6/17まで!!!アラサーにはドンピシャすぎて泣けてくる。まだ行ってない方は急げー!!!

 

 
 
 
 
 
logo-nora
 
 
 
Instagram
 
 
 
ameblo

 

予約専用TEL 03-6804-3938

 
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です