「お客様を着る」ヘアデザイン

 

「お客様を切る」仕事をする上で「お客様を着る」感覚でデザインをする。

 

この言葉を聞いたのは5年前のセミナー。

 

UMiTOSの砂原さんが言っていた言葉。

 

 

24時間、お客様を着て生活したい。

そうすることでお客様のライフスタイル、性格、その時の気分を感じることができるから。

そこをしっかり読み取ってデザインしたい。

 

「お客様の立場になって考える」ということの比喩表現なんだけど、究極ですよね。

 

好き過ぎて、理解したいがために身に纏いたいとかマジ究極。

 

でもほんと大事なことで、この言葉が最近ほんっっとうに身に染みる。

 

 

  • お客様の朝のスタイリングにかけれる時間はどのぐらい?
  • 普段スタイリング剤は使う?
  • どんなファッションが好き?
  • このあと誰と会う??
  • このあと何処に行く??
  • 誰にどう思われたい??
  • 最近はどんな気分??

 

いろーーーーーんな事をお客様の立場で、お客様の気持ちになって考える。

 

結果、その時のお客様にベストなヘアデザインが提供できる。

 

■「売れたい」という意味

あたしがよく言う「売れたい」という言葉の意味。

 

もちろんそのまんまでもあるんだけど、

別に有名になってチヤホヤされたいわけじゃない。

 

たくさんの人を幸せにしたいし、必要としてもらいたい。

 

承認欲求の塊かもしれないけど、そうゆうこと。

 

だってそれが一番自信あるんだ。

自分自身以上に、自分の仕事には自信がある。

 

■感性とは?

かんせい【感性】

受け入れる能力。感受性。また、感覚に伴う感情・衝動や欲望。 「―に訴える」

 

 

上記が一般的な意味。

 

そしてあたしの思う、売れるために必要な感性とは、、

 

脳の潜在域にふと浮かぶ「脳の気分」のこと…(なんのこっちゃい)

つまり感性の豊かな人というのは、自分やお客様の「脳の気分」を感知し、

言葉やデザイン、サービスなどで表現する力のある人、ということなのです。

 

伝わりますかね。。

感性が高い人の距離感ってバツグン。

付かず離れず。

かゆいところに手が届く感じ。

 

 

■感度とは?

 

かんど【感度】

感じる度合い・程度

 

上記が一般的な意。

 

そしてうちのお店でよく言われる感度とは

 

いまある物事の背景まで読み取ること。

そしてその背景や、携わった物や人すべてに感謝する心。

 

 

今あたしが美容師ができているのは誰のお陰??

 

美容学校に入れてくれた両親。

技術を教えてくれた先輩。

私を必要としてくれているお客様。

アシストしてくれている後輩。

 

もう言い出したらたっっっくさん。

 

当たり前の反対語は有難い。

 

常に有り難みを感じて仕事をする。

 

 

 

なんか全然まとまんないんだけど、

 

自分のお客様に対する想いはこんな感じ。

毎日全力投球。

 

あたしのお客様を全力で守れるのはあたしだと思っているから

それと反した事をされた場合、アシスタントに怒鳴ることもある。

 

「ちょ、裏来いや」

って言って関西弁でババジメすることもある。笑

 

 

この想い伝わればいいな。

 

 

 

なんて

 

 

真面目に。

 

 

今回オチ無い。

 

 

 

 

 

SATOMIの簡単ご予約と
サロン情報はこちら♡
過去の記事はこちらから〜 ameblo☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です