【心くばりの魔法】の櫻井恵里子さんにセミナーしてもらいました!

どうも。エ〇髪美容師、阿形聡美です。

先日、夢の国ディズニーの元人材トレーナー、

「一緒に働きたい」と思われる 心くばりの魔法の著者、櫻井恵里子さんにNORAでセミナーをして頂きました!

 

夢の国のお話をしますので、今回はエ◯は封印します。

ピュアさとみ。

 

 

img_1602.jpg

↑本はこちら!!!

 

実は、櫻井さんにセミナーをして頂くのは今回が2回目!!

 

img_1599.jpg

 

ディズニーって行ったその日からまた行きたくなりませんか??

ディズニー行って、遊び過ぎて疲れたなって思う時はあっても、

「今日おもんなかったな」って思う時って少ないと思うんです。

(思うとしたら一緒に行った人の問題だったり。)

 

 

なんなんでしょうね。圧倒的夢の国なんです。

よっぽどディズニーのキャスト(パーク内で働く人)って、接客マニュアルがしっかりしてて、

厳しい教育とか受けてる社員さんが務めているんだろうなー。って思ったら、、、

そんなことないんですって。

 

 

パーク内のキャストはほぼアルバイト

 

これは有名な話なんですかね。。

初めて聞いた時、あたしはビックリしました。

 

アルバイトの方々でも、誰一人としてモチベーションを下げず、

こんなにも楽しい夢の国空間を表現できるのか!!!と。

 

 

ディズニーの行動基準はSCSEで成り立っています。

  • S(Safety)安全…安全な場所、やすらぎを感じる空間を作りだすために、ゲストにとっても、キャストにとっても安全を最優先すること。
  • C(Courtesy)礼儀正しさ… “すべてのゲストがVIP”との理念に基づき、言葉づかいや対応が丁寧なことはもちろん、相手の立場にたった、親しみやすく、心をこめたおもてなしをすること。
  • S(Show)ショー…キャストが、あらゆるものがテーマショーという観点から考えられ、構成されているテーマパークのショーの一部として、身だしなみや立ち居振る舞い、施設の点検、清掃など、「毎日が初演」の気持ちを忘れずに、ショーを演じ、ゲストをお迎えすること。
  • E(Efficiency)効率…安全や礼儀正しさ、ショーを無視して効率を優先しても、ゲストにハピネスを提供することはできないことから、安全、礼儀正しさ、ショーを心がけ、チームワークを発揮することで、効率を高めること。

 

 

すべてのキャストは、入社時にディズニーフィロソフィー(哲学)とともに、

配属先でもトレーニングの一環として「SCSE」を学ぶそうです。

 

なので、アルバイトの方でも常に「SCSE」を念頭に置き、

判断や行動をするので、行動をマニュアル化しなくても、

あれだけの接客ができるというのです。

 

 

NORAへの期待ってなんだろう

 

「お客様はNORAに何を期待して来てくださるのだろう。」

 

img_1600.jpg

 

議題に対して各々でディスカッションしました。出た意見は

  • 決して安いお店ではないし、わざわざ表参道まで足を運んで頂いているので、技術力、デザイン、再現性を求めているのでは。
  • 表参道という場所なので、トレンドをキャッチしたいと思ってもらえている。
  • 癒しを求めている。
  • 美容の情報を得たい。
  • スタッフのファッション、ヘアスタイルを楽しみにしている。

などなどでした。どれも正解ですよね。

 

あたくしもカット7,000円頂いております。

それは決して安いものじゃないと思います。

その分うまくならなきゃダメで、そのために常に努力をし続けなければいけないと思っております。

大事なのはその「お客様の期待」をNORAの共通認識として統一すること。

期待に対する満足をどのように提供できるのか、こうやって年代や立場関係なくディスカッションすることって大事だなぁって改めて感じました。

そうすることによってCS(Customer Satisfaction)顧客満足度が上がっていき、

リピートにつながるお店になるのだな。

【CS(Customer Satisfaction)】顧客満足 は、すべてがお客様とその期待から始まる という考え方のもとに、お客様に満足していただくために、何をどのように提供していく のかを考え、それを達成するための仕組みを作りあげる活動によってもたらされるもの.

 

 

職場に一歩入ったら「キャスト」になる

 

あたくしは美容師なので、お客様のいるフロアは「ステージ」だと思っています。

なので、ステージ上では「表参道カリスマ美容師」になりきれているとは思うのですが、

バックルームではやさぐれたアラサー感がすごい。

(え?誰だ?お客様の前でも出てるって言ったやつ。)

 

多くの人から愛される存在になるためには、自らの立ち振る舞いを客観的に意識することが大切です。職場でもプライベートと変わらぬ感覚で過ごしてしまうと、他の社員の目にはいい加減な印象に映ってしまいます。自分は常に見られているという感覚を持ち、プライベートとは違った仕事人としても役割を、いわば「演じる」必要があります。

(「一緒に働きたい」と思われる 心くばりの魔法 引用)

 

と、本の中であったのですが、ヤバイ、、、今のままだとヤバイ、、、

バックルームでアシスタントに関西弁で怒鳴り散らしたりしてるし、

すっぴん頭ぐちゃぐちゃで朝出勤してるし、(朝知り合いにすれ違っても気づかれません)

 

 

 

あたい、、、、、、

 

カリスマ演じれてへん、、、、、

 

 

 

技術職なので、怒ったりするのは仕方ないかと思いますが、

もっとスタッフ間にも、かっこいいと思ってもらえる自分にならなきゃなぁと反省しました。。

いつも頭ぐちゃぐちゃでごめんね、みんな。

 

毎日が「ショーの初演」と考える

 

これね。ほんまこれね。美容室にも共通して言えることですよね。

あたし達にとっては表参道は職場で、カットもカラーも毎日のことだけど、

お客様にとっては、2ヶ月に一回の特別な日。

メンテナンスとしてきている方もいれば、一世一代のイベント前に気合を入れてきてくれる方もいる。

 

「初心」を忘れない。という内容で、この本に書いてある言葉が良すぎるのですが、

ここで引用するとなんだかもったいなすぎるので、皆様、買って読んでください。

p67ページの最初の方の言葉、良すぎやで。

 

 

てかそうやってお客様の立場に立って考えて仕事していれば、

そもそもモチベーションなんか下がるはずないんですよね。

(出た!脳みそキン肉マン阿形聡美のガチムチ理論)

 

美容師やってて、「モチベーションあがんないんですよね。。」とか相談されると

 

「はぁ?なに程度の低いことぬかしとんねんボケカスが。

お前のクソ薄っぺらい感情で浮き沈みするようなモチベーションなんてどうでもえーねん。

そんな中途半端な仕事すな。しばきまわすぞ。」

 

 

 

 

 

、、、は!!!夢の国だったこと忘れていました。

「こらこら。そんなこと言ってちゃダメだよ!

目の前のお客様のハピネスのために一緒にがんばろ!!」

って奮い立たせるわけですね♡♡

 

今後モチベーション上がんないとかクソふざけたことぬかしたら、コロス♡

気をつけてくださいね。

 

 

 

とそんなこんなあって、あっという間に時間が過ぎてしまったセミナーでした!!

もっともっと聞きたかった、、、!!!

 

接客業以外の方が読んでも面白い内容だと思うので、皆様是非本を読んでみてくださいーーー!!

 

 

img_1608.jpg

 

櫻井さん、ありがとうございました!!!

一也(社長です)、笑顔が眩しいね!!

 

 

SATOMIの簡単ご予約と
サロン情報はこちら♡
過去の記事はこちらから〜 ameblo☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です