女性美容師あるある、厳選10。

どうも。

エロ髪美容師、阿形聡美です。
美容師やり続けて10年。

これは職業病だよね、女性美容師にありがちだよね、、

と思うものをまとめてみました。

中には、「それ、聡美ちゃんだけやん。。」ってのもあります。
シェア拡散大歓迎です。

周りの女性美容師さんに聞いてみてください。

ではでは、いきます。

 

その1 ご飯を食べるスピードが非常に早い。

 

居酒屋とかだと大丈夫なんだけど、特にカフェでランチとかだと気を遣う。

 

 

男性とのデートの時、自分のご飯を食べるスピードが早くて、相手より早く無くなってしまわぬよう、ペース配分をする。

美容師はちょっとの合間の時間でご飯を食べるので、早食いになりがち。

そのため、こうゆう惨事が起きる。めっちゃ気を遣うねん、、恥ずかしいねん、、

 

その2 普段立ち仕事なので、歩くのが苦じゃない。

 

 

デートの時、一軒目のお店から二軒目のお店まで、多少距離があっても、全然気にならない。

「大丈夫?ちょっと距離あるんだけど、歩ける??」とか聞かれても

「この健康的な脚を持ってして歩けへんとか嘘やろ。」って感じで平然と歩ける。

ヒールとか履いていない日は余裕。ヒールの日はちょこっと気を遣ってくれるだけで嬉しい。

 

 

その3 美容師さんって出会い多いんじゃない?って言われる。

 

毎日たくさんのお客様と触れ合うし、その中には男性のお客様もいらっしゃいます。

でも、「お客様」であって、それを恋愛の出会いとはなかなか一緒にはしにくいものです。

10年美容師やってるけど、お客さんに連絡先渡されたりしたことない。(それ、うちがモテへんだけかも。)

 

その4 気が強くなりがち。

 

美容師という職業は、接客業であり、何より技術職です。

技術あってなんぼのもんなので、男女の境があまりありません。頑張ったもん勝ち。売り上げによって給料も上がるので、男女での区別が無い。

なので、女の子は必然的に気が強くなります。

みんな歯ぁ食いしばって成り上がってきてます。

でも強いのは仕事の面だけだから、プライベートで女の子扱いしてくれると嬉しい。

惚れてまうやろーー!!ってなる。

 

その5 仕事柄男女の境があまり無いので、男女の友情があると思っている。

 

あたくしも、美容師の男友達と二人で飲みに行って、アツイ美容トークとかを夜な夜な語ったりします。

アシスタントの時期は、練習で遅くまで残って、男の子のアシスタントの家にスタッフ何人かで泊まって雑魚寝、とかもありました。スタッフは家族みたいなもんです。

大学のサークルのお泊りにありがちな、スキャンダラスな出来事は皆無です。(あたしが気付いていないだけだったりして)

その感覚が、一般職の彼氏に理解してもらえず、喧嘩することとかもありました。

ちなみに、彼氏にはあたし以外の女の子と二人でご飯に行かれるのはイヤだ。(矛盾)

 

その5  松屋のビビン丼が大好き。

うまくない??ビビン丼。

何年たっても好きなんだけど。

最近は家の近所に松屋が無くて悲しい。

どんな高級レストラン行っても、最後にはビビン丼に帰りたくなる。ビビン丼みたいな女に、あたしもなりたい。

 

 

その6 「チャラそう」って言われる。

 

これは女性より男性美容師の方が言われるかも。。

確かに髪型とか服装とか、若いし、ちょっとハデだし、ノリもいいから、チャラついて見えがち。

でも、チャラチャラしてたらこんな結果出せてねーよ。って思ってる。
アシスタントの若い子達は分かんないけど、技術者としてちゃんとお客さんついて結果出してる人は、人を大事にするし、真面目だと思う。

休みも少ないので、好きじゃない人に無駄な時間を費やしたくない。

 

その7  土日の営業には、薄皮クリームパンで空腹をしのいだ経験がある。

これです。これこれ。


土日はほんとご飯食べる暇ないので、ちょっとつまんだだけで、がっつりカロリー取れて腹持ちする、コスパのいいパンを選びます。

クリームたっぷりで腹にたまる。

あたしはあと、リプトンのミルクティーを土日の営業の定番にしていました。

お腹すいていて食べる時間無くても、ミルクティーの糖分でなんとかしのげる。

 

その8 アシスタント時代に貧乏を経験しているので、お金を大事にする。

 

表参道界隈の美容師は、撮影等で朝早かったり、夜中まで練習することもあるので、サロンの近くに住むことが多いです。

そうすると家賃もなかなかするので、お給料の半分以上が家賃、ということはザラ。

あたしもアシスタント時代の晩御飯はうまい棒でしのいだり、白米にソースかけて食べたりしてました。

お金を頂けるってことがどんだけ有難いか分かってる。

「ケチ」って言わないで、大事にしてるだけやねん。

 

その9  モデハン(モデルハント)が習慣付いているので、可愛い子やイケメンを見たら、声掛けずにはいられない。

雑誌やHP撮影に使えるような、可愛い子や、イケメンをモデルハントする習慣がついてしまっているので、

デート中でも「ちょっと待ってて!!」って声をかけに行ってしまった経験があります。

最近は大人になったので、一旦考えるようにしてるけど。

お酒の席でもかわい子ちゃんを見たら連絡先を聞きます。

可愛い子大好き。

 

その10  いろいろ悩み苦しむことはあるけれど、美容師という仕事が大好きすぎる。

 

基本的に人が好き。美容が好き。自分の技術で喜んでくれる人がいるだけで幸せ。

なかなか同業以外の男性に理解してもらえないこともある。

営業後のレッスンも、残業代なんかは出ません。

仕事で使う、ハサミもウィッグもメイク道具も全部自腹だし、それは自分への投資です。

世の中の結婚しない方がいい3Bが「バンドマン、バーテンダー、美容師」だって言われてるかもしんないけど、そんなことないで!!

 

ってことで、女性美容師あるあるを書かせていただきました。

共感してくれる人いるかなー。

あとあれだ、仕事の時はにんにく食べれないから、休みの前日はにんにく浴びるほど食べたい。とか?

火鍋食べたい。

 

ってことで明日はヘアメイクのお仕事でサロンにいないよ!

火曜日以降お待ちしておりますー!!

 

 

☆こちらもオススメ☆

イケメンGOして欲しい話。

シャンプーがうまい人は〇〇が上手って話。

SATOMIの簡単ご予約と
サロン情報はこちら♡
過去の記事はこちらから〜 ameblo☆

One thought on “女性美容師あるある、厳選10。

  1. 美容師あるある、めちゃウケました。笑
    美容師さんも大変なんですね…。
    他のブログに北斗の拳とかエヴァとかの引用もあったり笑わせてもらいました〜。
    これからも頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です